ジャンナビとは?特徴や評判、遊び方を解説

この記事を読んでいるあなたは

  • ジャンナビってどんなゲームか知りたい
  • ジャンナビの遊び方を知りたい
  • ジャンナビの評判を知りたい

上記のように考えているかもしれません。
この記事では、麻雀ゲーム「ジャンナビ」について、サービス概要から口コミ情報まで幅広くお伝えしていきます。

ジャンナビの特徴

ジャンナビは、2004年にガラケー用ゲームアプリとして提供開始された、運営歴の長いオンライン麻雀です。

ここでは、ジャンナビの特徴を3つに絞ってお伝えしていきます。

数多くのプラットフォームに対応

もともとiモード用ゲームとして登場したジャンナビは、2011年にスマホ版、2013年にブラウザ版と着実にプラットフォームを増やしてきました。
現在では、Android・iPhone・PC・Nintendo Switch・Amazon Fire TVでプレイできます。
ゲーム機を持っていなくてもテレビでも遊べるというのは、非常にポイントが高いですね。

使用デバイスに関係なくマッチングできる仕組みになってるのも魅力的です。

複数デバイスを所持している場合には、データを共有して遊べるため、出先でプレイしたいときにはスマホから、大画面で楽しみたいときにはSwitchやAmazon Fireから、というように使い分けましょう。

プロ雀士と勝負できる

ジャンナビでは、最高位戦日本プロ麻雀協会や101競技連盟などの麻雀団体に属する、さまざまなタイプのプロ雀士と対戦することができます。

プロ対局はボイス配信となっていて、プロ自身の実況解説を聞きながら対局を楽しめるほか、対局後にはプロからのメッセージが届くことも。
麻雀の腕に自信がある人、好きなプロ雀士がいる人は、ぜひチャレンジしてみてください。

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.winlight.jannavi_dot&hl

プロ雀士との対局には専用のチケットが用意されており、東風戦1局につきチケット4枚、半荘戦1局につきチケット5枚が必要です。

チケット5枚あたり750雀ptで、雀ptの購入レートは以下の通りです。

260雀pt250円
790雀pt730円
1,340雀pt1,220円
1,620雀pt1,480円
4,880雀pt4,280円
5,600雀pt4,900円
8,600雀pt7,500円
11,500雀pt10,000円

まとめて買うほど得になるので、資金に余裕がある人はまとめて購入しましょう。

ちなみに、プロ対局には観戦モードも用意されていて、こちらは無料で参加できます。

雰囲気を知りたい場合や、プロの打ち方を勉強したい場合には、観戦を楽しむのもアリですね。

コミュニティー機能が充実

日記や掲示板、サークルといった「コミュニティー機能」が数多く取り入れられているのも、ジャンナビの特徴です。

麻雀が初めてだったり、周りに麻雀ができる友達がいない人だったりしても、ジャンナビ内で仲間を見つけることができるのは非常に魅力ですね。

それぞれの大まかな機能は以下の通りです。

日記

投稿者が主体となってメッセージを発信できる機能です。
ブログやTwitterのようなものだと考えるとわかりやすいでしょう。
自身の感想や、対局してくれた人へのお礼などを投稿している人もいます。

掲示板

複数のプレイヤーに向けて、一斉に情報を共有したい場合に便利な機能です。
日記に比べて検索がしやすく、板のトークテーマに合わせて大人数で会話を展開できるのが魅力です。

サークル

地域や趣味、職業などでグループが分かれており、自分と似た仲間とコミュニケーションをとることが可能です。
日記や掲示板よりも、親密なコミュニケーションをとりたい人に向いています。

 

ライブ応援機能でポイントやAmazonギフト券を獲得可能

ライブ応援

ジャンナビは、ライブ応援機能で雀士を応援することができるのも特徴です。

観戦者の応援を通して、ポイントやAmazonギフト券を獲得することができます。

ちなみに、プロだけでなく一般ユーザーもボイス配信をすることが可能です。

雀士を応援したい方や、ボイス配信に興味がある方は積極的にライブ応援機能を活用してみてください。

なお、ライブ応援機能については公式のYouTubeチャンネルでも解説されているので、こちらも確認してみてください。

ライブ応援ご紹介 | ジャンナビ麻雀オンライン【公式】

 

麻雀 ジャンナビ麻雀オンライン

麻雀 ジャンナビ麻雀オンライン

JANNAVIA CO., LTD.無料

ジャンナビの使い方

つづいて、ジャンナビの使い方を解説します。

  • アプリのダウンロード後初めて起動するときの手順
  • スマホアプリ版での基本的な操作方法
  • 各ゲームモード

を説明しますので、ぜひ参考にしてください。

基本操作

初めてジャンナビを起動すると、はじめに、名前とマイキャラの性別を入力する画面が表示されます。
いずれも後々変更可能ですので、深く考える必要はありません。

設定できたら、早速チュートリアルの四人麻雀をやってみましょう。

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.winlight.jannavi_dot&hl

対局中の基本操作は、以下のとおりです。

牌を捨てるダブルタップ
鳴き画面下側に出る「ポン」「チー」「カン」「パス」の選択肢をタップ
鳴きあり/なし鳴きのオンオフを変えたい場合に使用します。タップでオンオフ
自動和了あり/なし自動和了のオンオフを変えたい場合に使用します。タップでオンオフ
自動ツモ切り自動でツモ切りしてほしいときに使用します。タップでオンオフ
代走CPUに代走してもらえる機能です。プレミアム会員にならないと使用できません。
一位条件長押しすることでロンアガリ、ツモアガリの条件を確認できます。
卓を見る長押しすることで、プレイヤー情報を隠して盤上を確認できます。
設定ルールの確認や振動・サウンドなどの設定ができます。

ドラは牌が赤く、ツモ切りした牌は青く、鳴いた牌は黄色く染まるので、初心者でも盤上の把握がしやすいです。

トップページでできること

ジャンナビには基本的に「戻る」機能がありません。
すべてのメニューが表示されている、メインページとも呼べる存在が「対局」ですので、困った時はメニューバーの中にある「対局」項目をタップしましょう。

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.winlight.jannavi_dot&hl

各メニューの解説は以下のとおりです。

対局ゲームモード選択のほか、すべての項目にアクセスできるメインページです。
マイページプロフィールや所属サークルなど、あらゆるプレイヤー情報を閲覧できるページです。
きせかえマイキャラの見た目を変えたり、新しいマイキャラを作成したりできます。
イベントイベントスケジュールの確認ができます。
ガチャきせかえアイテムや、対局中に使用できるエフェクトなどを手に入れられます。
プレゼントイベントなどで手に入れたアイテムがあると、ここに表示されます。
ショップ雀ptを使って、さまざまなアイテムを購入できます。
ニュース公式からのお知らせを確認できます。
成績順位麻雀成績やアガリ役の回数など、過去の試合データを確認できます。
称号図鑑手に入れた称号の確認や、称号のつけかえをおこなえます。
雀荘検索都道府県や駅名から、近くの雀荘を検索できます。
ミニメール公式やフレンドからメールが届くボックスです。
フレンドフレンド一覧の確認とフレンド検索ができます。
サークル参加サークルの確認とサークル参加ができます。
掲示板掲示板の閲覧と書き込みができます。
日記日記の閲覧と書き込みができます。
その他操作説明や麻雀のルール確認、不具合報告などがおこなえます。

ゲームモード

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.winlight.jannavi_dot&hl

ジャンナビには、常時10個のゲームモードが用意されています。

ユーザー間でのランダムマッチ、フレンドと同じ卓で遊べるフレンド対局、CPUを相手にしたオフライン戦など、さまざまなモードがあるので、目的に応じて選択しましょう。

東風段位戦ユーザー間の4人打ち麻雀です。
三麻段位戦ユーザー間の3人打ち麻雀です。
プロ対局プロ雀士と対局できます。
友だちを誘って対局LINE・Twitter・日記から招待を送って、友達同士で対局できます。
ひとりで対局CPU相手の4人打ち麻雀です。
チャット対局チャットを使用しながら楽しめるモードです。ランダムマッチと友達対局から選べます。
鳳凰天位戦段位戦で1級以上を獲得した人のみが遊べる上級卓です。
ふるふる対局GPSを使って近くの友達とマッチングできるモードです。
ユーザー主催イベントユーザーが自由に開催できる対局イベントです。
一局放浪記一局戦を繰り返して日本一周を目指すゲームモードです。

ジャンナビの良い評判

つづいて、実際にジャンナビをプレイした人からの評判をご紹介します。
まずは、良い評判からです。

色々なモードがあって楽しめる

口コミ

色々なモードがあって、飽きずに楽しめる


プロとの対局もできるし、友達対戦でも困らないし、使い勝手が良い


三人麻雀が遊べるのが嬉しい

前述したとおり、ジャンナビには多彩なゲームモードが用意されています。

3人打ちに対応していたり、ボイスチャット付きで友達対戦ができたりするので、ニーズに合わせて幅広い遊び方ができるのが魅力です。

加えて、期間限定イベントやユーザー主催イベントなどもあるので、ジャンナビは、長く遊んでも飽きないアプリだと言えそうですね。

操作性が良い

口コミ

片手プレイできるのが良い


縦横どちらでも遊べて、操作性が良い


デバイスのバッテリー残量と現在の時間が、常に表示されているのが便利

ジャンナビの操作性についても、高く評価されている様子が口コミから伺えました。

縦持ち・横持ち両方に対応していて、対局の操作がタップのみでおこなえるのがポイントです。
電車内などでプレイするときにも、不自由なく楽しめます。

スキマ時間にスマホゲームをする習慣がある人と、非常に相性が良いアプリでしょう。

アバターの着せ替えが楽しい

口コミ

なにげにアバターの着せ替えが楽しい


懐かしさを感じるデフォルメアバターがかわいい

ジャンナビには、マイキャラというアバターを着せ替えて遊ぶ機能が搭載されています。

マイキャラとは、プロフィール画面や対局画面で、自分の分身として表示されるキャラクターです。

着せ替えをおこなうと、アバターの見た目が変化するだけではなく、イベント対局で特別な効果が発現します。
基本的に課金要素ですが、自分好みの見た目になるまでガチャを頑張ってみるのも、ジャンナビの楽しみ方のひとつです。

ジャンナビの悪い評判

つづいて、ジャンナビの悪い評判を3つ紹介します。

課金ありきのシステム

口コミ

無課金だと打てる数に制限があり、存分に楽しめない


対戦するには課金が不可欠、プロ対局に別料金がかかるのもマイナスポイント

ジャンナビでは、段位戦、チャット対局、鳳凰天位戦に回数制限がかかっています。


  • 段位戦:1日2回まで※
  • チャット対局:1日1回まで
  • 鳳凰天位戦:1日2回まで※

※段位戦と鳳凰天位戦の2回目を遊ぶためには動画視聴が必要


麻雀が好きな人が、1日1~2回の制限の中で満足するのは難しいと言えます。
ユーザー同士での対局を求めている場合は基本的に課金が必要と考えておくべきでしょう。

ただ、CPU対戦である「ひとりで対局」と「一局放浪記」は完全無料で遊び放題なので、こだわらない場合は無課金でも楽しめます。

待ち時間が長い

口コミ

一人ひとりの持ち時間が長い


待つ時間が長くなってイライラする

ジャンナビでは、ユーザー間対局の場合、制限時間が用意されています。
毎ターン3秒+1局を通じての予備時間30秒が、ユーザー一人あたりの持ち時間です。

参考までに、そのほかの麻雀アプリの持ち時間は以下のとおりです。

毎ターンの制限時間予備時間
麻雀SP5秒なし
雷神3秒20秒
闘龍3.5秒13秒
天極牌5秒15秒
雀龍門M5秒20秒
雀魂5秒20秒
MJモバイル5秒40秒

ジャンナビは、麻雀アプリの中では普通~やや長めの時間設定ですね。

特に、雀荘などリアルで対局する場合、「10秒以上考えると長考」としてマナー違反になりますから、麻雀慣れしている人からしたら、ジャンナビの持ち時間は長く感じてしまうのかもしれません。

反対に、初心者にとってはプレイしやすい環境だと言えるでしょう。

牌を操作されている気がする

口コミ

不公平かつ不自然な配牌がある


重課金者優遇の出来レースなのでは


一度ダメになると負けが続いて、抜けられない

牌操作に関する口コミは、オンライン麻雀では必ずといっていいほど挙がる声です。

確かめる術がないため有るとも無いとも言えません。
ただ、牌の偏りはリアルな麻雀でもありますし、プログラムコードを公開しているオンライン麻雀でも、奇跡のようなツモは起こっています。

  • 技術があれば勝てる
  • 課金しても負けが続く時は続く

という声もあるため、実際にプレイしてから、納得できるなら遊び続ける・できないなら辞める、と決めてみても良いのではないでしょうか。

ジャンナビの総合的な評判

ジャンナビの評判を調べた結果、

  • ゲームモードの多様さ
  • 操作性
  • アバターなどのプラスα要素

といった点が高く評価されていました。

対局だけではなく、ゲーム全体を通して高く評価されていることがわかります。

マイナス評価がないわけではありませんが、必ずしも「悪い点」ではなく、「人と場合によってはプラス要素にもなり得る」事柄です。

総合的に見てみると、初心者から上級者まで幅広く楽しめる麻雀アプリだと評価できるのではないでしょうか。

麻雀 ジャンナビ麻雀オンライン

麻雀 ジャンナビ麻雀オンライン

JANNAVIA CO., LTD.無料

ジャンナビはプロとの勝負もできるおすすめの麻雀アプリ

この記事では、ジャンナビの特徴・使い方・評判を解説しました。

ジャンナビは、ひとりで黙々とプレイしたい人も、友達と対局したい人も、プロ雀士を相手に腕試ししたい上級者も、幅広く楽しめる麻雀アプリです。

ダウンロードは無料ですし、ダウンロード後2日間はプレミアム会員特典を課金無しで体験できます。

興味を持った人はぜひジャンナビをダウンロードして、充実した麻雀ライフを送ってください。