姫麻雀とは?特徴や評判、使い方を解説!

この記事を読んでいるあなたは

  • 姫麻雀がどんなゲームか知りたい
  • 姫麻雀の遊び方を知りたい
  • 姫麻雀の評判を知りたい

上記のように考えているかもしれません。
この記事では、麻雀ゲーム「姫麻雀」について、サービス概要から口コミ情報まで幅広くお伝えしていきます。

姫麻雀の特徴

姫麻雀は、2019年8月にリリースされた、中国発の麻雀ゲームです。

iOS・Androidに対応しています。
WEB版も近日公開予定と発表されており、事前登録を受け付けているので、興味を持った人はぜひ登録してみてください。

はじめに、姫麻雀の特徴を3つに絞ってお伝えしていきます。

ボイス付きが嬉しいオンライン麻雀

出典:https://apps.apple.com/jp/app/id1466207506

姫麻雀は、キャラゲーの要素を持った麻雀アプリです。
プレイヤー自身のアバターは用意されておらず、「雀士」と呼ばれるキャラクターを使って、対局に挑みます。
アバター仕様のゲームとは異なり、キャラクターそれぞれに個性が設定されているのが魅力です。

また、キャラクターには、豪華声優陣のボイスがついており、対局中の鳴きや役の読み上げはフルボイスで提供されます。
出演声優は、佐藤利奈さん、杉田智和さん、上坂すみれさんなど。声優ファンの人にもおすすめできるゲームですね。

プレゼントを渡してキャラクターと仲良くなることで、さらにボイスが増えます。

初心者に優しいチュートリアル

出典:https://apps.apple.com/jp/app/id1466207506

姫麻雀には、麻雀の知識量によってレベルを選択できる、丁寧なチュートリアルが付いています。

フルガイダンスを選べば、麻雀のルール、アガリ方、役の作り方といった、基礎の基礎から講習をしてもらえます。
理解度を図るクイズも挟まれるので、しっかりとルールを理解してから実践に臨めますよ。

チュートリアルは、メイン画面のからいつでも見返せますので、ルールがわからなくなったときには復習しましょう。

さらに、対局中のサポート機能として、「捨て牌アシスト」が実装されています。
フルアシストと聴牌のみアシストの2パターンで指定でき、オンにしている間は、おすすめの捨て牌を教えてもらえます。

やりこみ要素が満載

出典:https://apps.apple.com/jp/app/id1466207506

対局中に使う道具を自由にカスタマイズして楽しめるのも、姫麻雀の魅力です。

ジャンルも、牌の柄、雀卓のマット、キャラクターの手への装飾と、バリエーション豊か。牌の柄だけ見ても、100種類以上のラインナップが揃っています。

装飾品は、「シーズン」と呼ばれる期間限定イベントの度に新しいものが追加されるので、今後ますます自由度が上がっていくことでしょう。
お気に入りの装備で対局をおこなえば、勝負がさらに楽しめること間違いなしです。

装飾は友人戦でも適用されますので、ぜひ、自慢の装備で対局に臨んでください。

姫麻雀の使い方

つづいて、姫麻雀の使い方を解説していきます。

  • アプリのダウンロード後初めて起動するときの手順
  • 基本操作
  • 雀士を増やす方法
  • ゲームモード

について解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

基本操作

出典:https://apps.apple.com/jp/app/id1466207506

初めて姫麻雀を起動すると、ログイン画面が開きます。
「新規登録」を選択した後、ユーザー名とパスワードの入力をして「OK」を押します。

ゲストログインもできますが、アカウント引き継ぎを忘れてログアウトすると、再ログインできなくなってしまうので注意してください。

ログインが完了すると、女将さんから名前を尋ねられます。
ここで入力するニックネームは、ゲーム内で使用される名前です。
変更は有料ですので、後悔しない名前をつけてくださいね。

その後、チュートリアルに移行します。
4段階のレベルが用意されているので、自分に合ったものを選択してください。

チュートリアルが終われば、実践です。
指示に従って、匂玉戦に挑戦します。

出典:https://apps.apple.com/jp/app/id1466207506

対局中の基本操作は、以下のとおりです。

牌を捨てるダブルタップ
鳴き 画面下側に出る「ポン」「チー」「カン」「パス」の選択肢をタップ
自動和了自動和了のオンオフを変えたい場合に使用します。タップでオンオフ
鳴きヒント鳴きのオンオフを変えたい場合に使用します。タップでオンオフ
自動捨て自動でツモ切りしてほしいときに使用します。タップでオンオフ
設定BGM設定や、縦持ち/横持ちの切り替え
ルール麻雀の基本ルール、役一覧、基本用語の確認ができます。
スタンプタップすることでスタンプを送れます。

ドラは、ほかの牌に比べてツヤがあり、キラリと光る仕様になっています。
光の度合いは、設定内で調整可能です。

また、ツモ切りした牌はグレーに変わるので、盤面把握に役立ててください。

雀士を増やす方法

出典:https://apps.apple.com/jp/app/id1466207506

姫麻雀のキャラクターは、ガチャ、もしくは、シーズン報酬で手に入れます。

ただし、常設のガチャで手に入るキャラクターは少なく、一覧で確認できるキャラはほとんどが期間限定入手です。特にシーズン報酬キャラクターは、復刻イベントも開催されておらず、現状過去キャラを手に入れる術はありません。
早く始めた人ほど得なシステムですので、より多くのキャラクターを収集したい人は今すぐはじめましょう。

ガチャ

姫麻雀のガチャは「祈願」と呼ばれ、「常駐祈願」と「期間限定祈願」の2種類が用意されています。
常駐祈願で手に入るキャラクターは9人で、男性キャラ1名、女性キャラ8名の割合です(2021年1月現在)。

ガチャからは装飾品も排出されるので、必ずしもキャラクターを入手できるわけではない点に注意しましょう。

シーズン報酬

姫麻雀では、一定期間おきに、約2ヶ月をかけて開催されるイベント「シーズン」が開催されます。
シーズンでは、獲得した匂玉の数に応じてさまざまな報酬がもらえる仕組みになっており、報酬の中にはシーズン限定キャラクターも含まれます。

キャラクターの入手にはプレミアムパス(※)の購入が必要ですが、ガチャよりかんたんにキャラクターを手に入れられる仕組みになっていますので、ぜひ挑戦してみてください。

※現金もしくは、ゲーム内通貨の「小判」で購入できるアイテムです。
購入することで、シーズン報酬がバージョンアップされ、限定のキャラクターや装備品が手に入るようになります。

ゲームモード

出典:https://apps.apple.com/jp/app/id1466207506

姫麻雀のゲームモードは、段位戦、匂玉戦、友達戦の3つです。

段位戦

全国のプレイヤーとランキングを競うゲームモードです。
段位は全部で20段階用意されており、最上位「国土」を目指します。

昇段ラインまで経験値が貯まると、1段階上のランクに上がりますが、負けが続けば降段もありえる、シビアな対局です。

四麻東風戦と四麻半荘戦から選択できます。

匂玉戦

匂玉を集めるためのゲームモードです。
四麻東風戦と三麻東風戦が用意されています。

無料で入場できるので、1日の匂玉取得上限15枚に達するまで、何度も挑戦しましょう。
1位と2位には報酬の匂玉が配られます。
段位への影響はありません。

友達戦

友達対戦や、CPU戦が楽しめるモードです。
四麻卓と三麻卓が用意されていて、それぞれ東風戦と半荘戦から選択できます。

喰いタンのありなしや、ローカルルールの導入など、細かいルールカスタマイズが可能なのが特徴です。

無料で挑戦でき、段位にも影響を及ぼさないので、気軽に楽しみましょう。

姫麻雀の良い評判

つづいて、実際に姫麻雀をプレイした人からの評判をご紹介します。
まずは、良い評判からです。

スタミナ消費がないのが良い

口コミ

スタミナ消費がなく、何時間でも麻雀を楽しめる


スタミナ回復のための待ち時間がないので、休日まとめてゲームしたいときに嬉しい

姫麻雀には、スタミナ制度は導入されていません。
また、どのゲームモードをプレイするにも掛け金が必要ないため、思う存分麻雀を楽しめます。
段位戦も無料というのは比較的珍しいシステムですね。

無課金でもガチャが引きやすい

口コミ

無課金でもガチャを引きやすい


初回配布のチケットと小判で15回ガチャが回せるので、リセマラも可能


ガチャに天井があるのが嬉しい

口コミにもありますが、姫麻雀では、初回ログイン時に

  • 1回祈願ができるガチャ券「祈願の小呪符」10枚
  • 小判500枚

が配布されます。

小判500枚は、ショップに行くと「祈願の呪符」5枚に交換できますので、合計で15回もガチャが回せるのです。

課金でしか手にはいらない通貨は用意されておらず、無課金者でもイベントで小判を貯めることができるので、この手のゲームの中ではガチャが回しやすい部類に入るでしょう。

待ち時間が少なくスピーディ

口コミ

オンライン対戦には制限時間があるので、対局がスピーディ


各自の持ち時間がちょうどよい長さで、イライラしない

姫麻雀の持ち時間は、15秒+毎ターン5秒。
15秒は1局を通しての持ち時間なので、使い切ってしまった後は5秒で打牌していくことになります。

初心者にも上級者にも優しい、適度な時間制限ですね。

打牌モーションも素早い動きなので、無駄なもたつきを感じさせません。

姫麻雀の悪い評判

つづいて、姫麻雀の悪い評判を3つお伝えします。

対局に時間がかかる

口コミ

対局に20分以上はかかるので、スキマ時間にプレイできない


マッチングに時間がかかるときとそうでないときの差が激しい

姫麻雀は基本的に対人戦なので、途中でやめることはできません。
オンライン麻雀をやり慣れている人からすれば平均的な時間ですが、スマホゲームをスキマ時間にプレイする習慣がある人にとってはツライかもしれませんね。

マッチングも、ユーザーの数によって左右される部分です。
特に平日の昼間はアクティブユーザーが100を切ることもあるので、やや時間がかかります。
プッシュ通知をオンにすると、オフラインでマッチングを待てるので、時間を有効活用できます。

牌に偏りがある

口コミ

牌の偏りや極端な操作が気になる


運がくるまでひたすら回す周回ゲー。運が悪い回は捨てる覚悟が必要


課金どうこうというより、アカウント自体に当たり外れがあるのではないかと疑うレベル

オンライン麻雀では、どうしても挙がってしまう声ですね。
実際の麻雀でも牌の偏りは起こるので、ある程度は仕方がないことでもあります。

アカウントの当たり外れが気になる人は、リセマラをして当たりと思えるアカウントに出会うまで粘るのもありかもしれません。

回線が落ちやすい

口コミ

Wi-Fiでつないでいるにも関わらず、頻繁に回線が落ちる


いきなり「再接続中」になって自動ツモ切りされる

勝敗にダイレクトに影響してくるので、割と厄介な問題ですね。

ただ、上記のような声が上がっている一方、「あまり回線落ちしたことはない」という口コミもあるので、一概に運営サーバーが弱いとも言い切れません。

あまり頻繁に回線落ちするようであれば、家庭の通信環境を見直すのもひとつの手です。

姫麻雀の総合的な評価

姫麻雀の評価を調査した結果、

  • スタミナの概念なく長時間プレイができる点
  • 無課金でもガチャが回しやすい点
  • 対局がスピーディな点

が高く評価されていました。

姫麻雀は、無課金でもガチャが回せて、さらに対局はどれも無制限・掛け金なしでプレイできる、という親切設計のゲームです。

実際の評価を見ても、キャラゲーとして楽しみたい人から、麻雀をたくさん打ちたい人まで、幅広くおすすめできるアプリだと言えるでしょう。

姫麻雀はやりこみ要素の多い麻雀アプリ

出典:https://apps.apple.com/jp/app/id1466207506

この記事では、姫麻雀の特徴・使い方・評判を解説しました。

姫麻雀は、キャラクター収集・キャラクター育成・装飾品カスタマイズと、やりこみ要素の多い麻雀ゲームです。
チュートリアル付きで初心者にもプレイしやすい仕様になっています。

対局はすべて無料でできますので、興味を持った人はぜひダウンロードしてみてください。