雀魂(じゃんたま)のガチャは無料でも回せる?無課金で祈願する方法を徹底解説

この記事を読んでいるあなたは

  • 雀魂のガチャシステムが知りたい
  • 無料でガチャを引く方法が知りたい
  • 無課金だとどのくらいガチャが回せるのか知りたい

上記のように考えているかもしれません。
この記事では、雀魂のガチャシステムと無料でガチャを回す方法についてお伝えしていきます。

無課金だと月にどれくらいガチャを回せるのか、安くて効率の良い課金方法はあるのか、といったことも解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

雀魂のガチャシステム

出典:https://apps.apple.com/jp/app/id1469186379

スマホゲームとは、切っても切り離せない存在である「ガチャ」。雀魂においても例外ではなく、「祈願」という名のガチャが存在します。

ここでは、

  • ガチャでどのような報酬が手に入るのか
  • 何を使ってガチャを回すのか

といったことを筆頭に、雀魂ガチャの全貌をお伝えします。

ガチャで手に入るもの

出典:https://apps.apple.com/jp/app/id1469186379

ガチャで手に入るのは、キャラクター、装飾品、贈り物です。

上記3つは、ジャンル分けされることなく、ランダムに排出されます。
ガチャを引いたからといって必ずキャラクターが手に入る、といったような仕様ではありません。

それぞれの役割と取得確率は以下のとおりです。

キャラクター確率プレイヤーの操作キャラクターです。
対局中に使用できます。
装飾品確率15リーチ棒やアガリ演出、雀卓といった、対局を彩るアイテムです。
対局画面に個性を出せます。
贈り物緑:確率24
青:確率51
紫:確率
雀士に贈ることで絆Lvを上げるアイテムです。
契約を結ぶときには、指定された紫の贈り物が5個必要です。

また、星のかけらという別のアイテムに変換できます。

ガチャを引く方法

出典:https://apps.apple.com/jp/app/id1469186379

「輝石」または「祈願の巻物」を使います。

輝石

基本は、輝石でガチャを回します。青いドーナツ状のアイコンが輝石です。
200輝石で1回、1,800輝石で10回、ガチャが回せます。

1,800輝石で回すのはいわゆる「10連ガチャ」で、紫の贈り物が1枠確定排出となっています。

輝石はイベントやミッションクリアで手に入るものではありません。
無課金で頑張るなら輝石ガチャは考えないほうが良いでしょう。

祈願の巻物

デフォルトだと祈願ページに表示されていないので見落としがちですが、祈願の巻物でもガチャができます。
無課金者がガチャを回すためには、祈願の巻物集めが重要です。

ただし、祈願の巻物は輝石の下位互換でしかなく、1回祈願には使用できるものの、10個集めても10回祈願には使用できません。

ガチャをすると「信仰Pt」が貯まる

出典:https://apps.apple.com/jp/app/id1469186379

ガチャでPtが貯まるのが、雀魂流です。
1回の祈願で1信仰Ptが貯まります。

貯まった信仰Ptは、50Ptで好きな装飾品に、150Ptで好きなキャラクターに変換できます。
ガチャの天井システムだと認識していただければ問題ないでしょう。

27,000個の輝石があれば、自分の好きなキャラクターが手に入ります。
※1回祈願×150回だと30,000個の輝石が必要です。

重複は「願いの石」「星の石」に変換

出典:https://apps.apple.com/jp/app/id1469186379

キャラクターと装飾品は複数獲得できません。

  • キャラクターが重複した場合、2体目以降は「願いの石」に
  • 装飾品が重複した場合、2つ目以降は「星の石」に

自動で変換されます。

願いの石は、雑貨屋の中の「願いの小屋」での買い物と、契約に使用します。
貴重なものなので、契約用に温存しておいたほうが良いでしょう。

星の石は、雑貨屋の中の「星の小屋」での買い物に使います。
こちらは願いの石と違って、星の小屋でしか使えないので、手に入れたら好きなアイテムと交換してしまって構いません。
通常プレイでは手に入らない、特別なリーチ棒やネコの手と交換できる他、青の贈り物とも交換できます。

無料でガチャを回す方法

無料でガチャをするには、「祈願の巻物」を使います。
しかし、祈願の巻物もかなりのレアアイテムで、そのまま貰える機会はあまりありません。
祈願の巻物を手に入れるまでの手順を解説しますので、参考にしてください。

「贈り物」を集める

出典:https://apps.apple.com/jp/app/id1469186379

祈願の巻物は、雑貨屋の中の「福袋小屋」で販売されています。

そして、祈願の巻物1個買うために、「星のかけら」50個が必要です。
星のかけらは、要らない贈り物を奉納するともらえるアイテムです。
贈り物のレア度によって変換数が異なり、緑なら1個、青なら5個、紫なら25個の星のかけらになります。

まず、星のかけらのために、贈り物を集めるところからスタートしましょう。
贈り物は、雑貨屋でコインと引き換えに購入できる他、イベントでの報酬でも手に入ります。

奉納して「星のかけら」に変換

出典:https://apps.apple.com/jp/app/id1469186379

贈り物が貯まったら、倉庫の中の贈り物欄から奉納して、星のかけらに変換します。
贈り物はキャラクターとの絆Lvを上げるためにも使用するので、推しキャラの好物は残して奉納しましょう。

星のかけらを「祈願の巻物」に変換

出典:https://apps.apple.com/jp/app/id1469186379

無事に星のかけらが50個集まったら、雑貨屋に行って祈願の巻物と交換します。

以上の手順を繰り返すことで、無料でガチャを回せます。

ただし、キャラクターの取得確率は5%と、かなりシビアな数字です。
1回のガチャでは、推しキャラどころかキャラクターが出るかどうかも怪しいレベルですので、気長に頑張りましょう。

また、星のかけらと祈願の巻物を交換できるのは、月に5回まで、という制限がある点にも注意が必要です。

無料でガチャを回すときの注意点

出典:https://apps.apple.com/jp/app/id1469186379

完全無料プレイを前提とするなら、「贈り物」と「星のかけら」の扱いにも慎重になる必要があります。
どちらもキャラクターとの契約に使う素材だからです。

契約とは、簡単に言ってしまうと、キャラクターの新しいスチル・ボイス・スタンプが開放される、一種のやりこみ要素です。
この契約には、好物の紫の贈り物5個と星のかけら100個を使用します。

また、契約をするためには絆Lvと呼ばれる親密度を5まで上げておく必要があり、ここでも贈り物を使用するのです。

まずはガチャをしないことには始まらない、と言ってしまえばそれまでですが、後悔しないためにも、推しキャラの好物と契約1回分の星のかけらは温存しておいたほうが良いでしょう。
特に、紫の贈り物の取得率は非常に低いので、星のかけらに変換してはいけません。

安くて効率が良い課金方法

無課金でもガチャは回せます。
しかし、月5回までの制限があることに加え、紫の贈り物1枠確定の10連ガチャは回せません。その道のりは相当厳しいことがお分かりいただけたのではないでしょうか。

最後に、効率の良い課金方法をお伝えしますので、「無課金はやっぱりツライ…」と心折れてしまった人は参考にしてください。

初回購入を活用

出典:https://apps.apple.com/jp/app/id1469186379

雀魂では、初回購入時に限り、おまけで購入分と同じ数の輝石を貰える仕組みが存在します。
60輝石を購入すると120輝石、300輝石を購入すると600輝石手に入る、といった具合です。

その仕組みを利用すれば、通常4万円近くかかる24,080個の輝石を、24,570円で購入できるのです。

価格初回購入時の輝石数2回目以降の輝石数
120円120個60個
610円600個310個
980円960個510個
1,840円1,800個1,000個
2,440円2,400個1,350個
3,680円3,600個2,100個
4,900円4,800個3,000個
10,000円9,800個6,300個

初回購入分をすべて買えば、10連ガチャに13回挑戦できますね。
この130連の中で推しキャラを引ける可能性もありますし、あと20連すれば信仰Ptで任意のキャラクターを貰えます。

開運御守を購入

出典:https://apps.apple.com/jp/app/id1469186379

雀魂の中で、最もレートが良い課金が、「開運御守」です。

開運御守は610円で販売しているアイテムで、購入時に300個、その後30日間毎日ログイン時に60個の輝石が受け取れる、という効果を持っています。

610円で2,100個の輝石が受け取れるのですから、かなりの破格であることがわかります。
※初回購入でも610円では600個、通常購入なら310個しかもらえません。

さらに、

  • 30日間毎日クエストの受注数+1
  • 30日間クエストの保存数+3

という特典もついています。

クエストとは、クリアするとコインが手に入る、期限のないミッションです。

初期状態では、1日1個ずつ更新され、最大で3個(3日分)貯めておける仕様です。
これが、毎日2個更新、最大で6個(3日分)貯めておける仕様にパワーアップします。

毎日欠かさずログインするほど雀魂にハマッているのならば、定額制サービスと思って毎月610円の課金を検討してみてはいかがでしょうか。

最安で任意のキャラクターを手に入れる

「初回購入分すべて購入+開運御守を2ヶ月分購入」が、最安値の推しキャラ獲得法です。
2ヶ月かかることがネックですが、24,570円+610円×2=25,790円で、欲しいキャラクターが確実に手に入ります。

雀魂のガチャを無料で回すには「祈願の巻物」が必須

出典:https://apps.apple.com/jp/app/id1469186379

輝石は課金アイテムなので、無課金の場合、必然的に祈願の巻物を使うことになります。

ただし、祈願の巻物入手には「星のかけら」が必要で、星のかけらを入手するためには、贈り物を集めなくてはいけません。

かなりの時間を費やさなければいけない仕様なので、覚悟して取り掛かりましょう。

月610円かけて「開運御守」を買えば、毎月10連ガチャができる量の輝石が貯まるので、微課金を検討してみるのも一つの手です。