麻雀1000!とは?特徴や評判、使い方を解説

この記事を読んでいるあなたは

  • 麻雀1000!ってどんなゲームか知りたい
  • 麻雀1000!の遊び方を知りたい
  • 麻雀1000!の評判を知りたい

上記のように考えているかもしれません。
この記事では、麻雀ゲーム「麻雀1000!」について、サービス概要から使い方まで幅広くお伝えしていきます。

 

なお、以下記事では無料で遊べるおすすめの麻雀アプリを紹介しているのでこちらも読んでみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは おすすめの麻雀アプリが知りたい 無料(無課金)でも楽しめるアプリが知りたい 選ぶときの基準が知りたい上記のように考えているかもしれません。この記事では、無課金でも長く楽しめるお[…]

無料麻雀アプリのおすすめ

麻雀1000!の特徴

出典:https://game.goo.ne.jp/goo/game/232

麻雀1000!とは、株式会社サクセスが提供するオンライン麻雀ゲームです。

複数のHTML5ゲームプラットホームで配信されており、いずれもダウンロード不要・完全無料でプレイすることができます。
スマホ・パソコン・タブレットに対応しているので、出先でも家庭でも麻雀を楽しめます。
CPU戦のみとなりますが、その分待ち時間がなく、1局あたりにかかる時間が短いのが魅力です。

ここでは、麻雀1000!の特徴を3つ紹介します。

ダウンロード無しでサクッとプレイできる

麻雀1000!は、ダウンロードや会員登録をせずに、パソコンやスマホのブラウザで遊べるのが特徴です。
デスクトップにアプリアイコンが増えてしまうのが嫌な人、容量を取られたくない人にぴったりです。

下記3つのゲームプラットフォームで遊べるので、好きなサイトにアクセスしましょう。
ゲームシステムは同じですが、取得できるポイントなどに違いがあるため、よく使うサイトを選ぶのがおすすめです。


  • 株式会社サクセスが運営する「ゲームの窓」
  • ヤフー株式会社が運営する「かんたんゲーム」
  • NTTレゾナント株式会社が運営する「gooゲーム」

ゲーム開始前と1局終了時に広告が流れますが、完全無料で遊べることを考えれば許容範囲だと言えるでしょう。

動きもサクサクとスピーディーなので、スキマ時間でサクッとプレイしたい人にもおすすめですよ。

ヒント付きで初心者もプレイしやすい

麻雀1000!には、「ヒント」「打牌」「危険」という3つのサポートシステムが備わっています。
それぞれの機能は以下のとおりです。

ヒントおすすめの捨て牌・狙い役・ドラ・シャンテン数・最大受け入れ数が確認できます。
打牌オンにすることで、捨てるべき牌と、鳴きのタイミングを指示してもらえます。
危険オンにすることで、捨てると危険な牌を3段階で表示してもらえます。

麻雀を始めたばかりの人は状況把握ができない事が多いので、こういったサポートシステムの導入はありがたいですね。

特に「打牌」は単語にも気が配られており、指示を見ながらプレイすることで、大体の流れを把握できるようになっているのが魅力です。

たとえば、

  • 手牌の中から捨てるときには「~を切る」と指示されるのに対し、ツモった牌を捨てるときには「~をツモ切り」と表示される
  • 危険度が高い牌を捨てなければいけないときには「~を切って勝負」と表示される

といった具合です。

完全初心者は、麻雀のシステムを理解するまでは全機能をオンにしておき、徐々に自力でプレイするスタイルに切り替えていくと良いでしょう。
制限時間もないので、じっくりと次の手を考えながらプレイできます。

SNSにスコアを投稿できる

対局後にSNSに点数をシェアできるのも、麻雀1000!の特徴です。

操作はかんたんで、対局が終わったあとに、Twitter、Facebook、LINEのいずれかをタップするだけ。麻雀仲間と点数を競い合うのも良いですね。
擬似的に他のユーザーと競えるので、「CPU対戦のみだとモチベーションが上がらない」という人にもおすすめです。

また、麻雀1000!は基本的にログイン不要のゲームですが、ログイン後に対局をおこなえば、サイト内のランキングに参加することもできます。
全国の猛者と順位を競いたい場合は、ぜひログインしてからゲームを開始してみてください。

麻雀1000!の使い方

つづいて、麻雀1000!の使い方を解説していきます。

基本操作

まず、ゲームの基本操作について解説していきます。
説明にはタップと書いてありますが、パソコンでプレイする人は左クリックで対応してください。

ちなみに「戻る」ボタンはないので、ゲームモードや対戦相手などを選び直したい場合は、ページ更新をおこないましょう。

ゲームが始まったら、画面を1タップします。
このタップでサイコロが振られ、対局が開始します。

出典:https://game.goo.ne.jp/goo/game/232

対局中の操作と設定は以下のとおりです。

牌を捨てるダブルタップ
鳴き画面右側に出る「ポン」「チー」「カン」「パス」の選択肢をタップ
ヒントおすすめの捨て牌や狙い役を見たいときにタップ
打牌次の手を教えてほしい場合に使用します。
タップでオンオフ
危険捨ててはいけない牌を教えてほしい場合に使用します。
タップでオンオフ
鳴き有効/無効捨ててはいけない牌を教えてほしい場合に使用します。
タップでオンオフ

ゲームモード

出典:https://game.goo.ne.jp/goo/game/232

麻雀1000!には、「フリー対局」と「麻雀1000」という2つのゲームモードが用意されています。

ログインしてから対局をおこなうと、トップページに累計ptとハイスコアが表示される仕組みになっているので、データを残したい人は利用してみてください。

それぞれのモードの詳細は、以下のとおりです。

フリー対局

全員持ち点25,000点スタートで4人麻雀をする、基本的なゲームモードです。
試合形式(東風・半荘)、赤牌の有無、割れ目の有無、対戦メンバーを選び、対局を開始します。

対戦相手は、CPUが12人、弱い・普通・強い・最強の4つのランクで3人ずつ用意されています。
同じランクでも戦法に違いがあるので、好きなメンバーを選びましょう。

麻雀1000

プレイヤーのみ持ち点1,000点、CPUは持ち点25,000点で対局が開始するハードモードです。
試合の設定やルール、CPUはフリー対局と変わりません。
実力がついて、通常の勝負に飽きてしまった人はぜひ挑戦してみましょう。

麻雀1000!の評判

麻雀1000!の評判を調べたところ、残念ながら有力な口コミは見つかりませんでした。
しかし、Gooゲームの評価は★4で、概ね高評価を得ていることがわかります。

ここでは、実際にプレイしてわかった良い点・悪い点を挙げ、解説していきます。

良い点

  • ダウンロードがいらない
  • スキマ時間にサクッとプレイできる
  • 動作が軽い
  • ログインしてから遊ぶと、gooポイントや窓コインが貯まる

上から3つまでは、前述したとおりです。
ブラウザ上ですぐに対局を始められますし、CPUの思考時間は無いに等しく、対局がサクサク進みます。
また、プレイ中のラグや画面のカクつきも感じません。

gooポイントと窓コインというのは、gooゲームやゲームの窓で貯まる仮想通貨です。
gooポイントについては必ず手に入るわけではありませんが、もともとポイントを貯めている人は獲得機会を増やせてお得ですね。

gooポイントgooゲームにログインしてから麻雀1000!をプレイすると、抽選でポイントが当たります。

貯まったgooポイントは、カタログギフトとの交換や電子マネーへの換金など、幅広く使用できます。

窓コインゲームの窓にログインしてから麻雀1000!をプレイすると貯まるコインです。

貯まった窓コインは、ゲームの窓で提供している一部ゲームをプレイするために使用します。

悪い点

  • 「戻る」機能がない
  • 1局ごとに短い広告が入る
  • ルール設定ができない
  • 役や専門用語の説明はない

マイナスポイントとして挙げられるのは、上記の4つです。

戻る機能がないことと、1局ごとに広告が入ることの不便さは、実は連動しています。
トップページに戻ろうとして、誤ってブラウザバックをしてしまうと、再度広告を見ることになってしまうのです。
対応策としては、トップ画面に戻りたいときには必ずページ更新をすること。これならば広告の再表示はされません。

そして、ルールを自分で変えられないことや、役や用語の詳細説明を確認できないのは、やや不親切ですね。
機能の多い麻雀アプリの利用経験がある人にとっては、物足りなさを感じてしまうでしょう。

麻雀1000!の総合的な評価

麻雀1000!は、ダウンロードなしですぐに遊べる麻雀ゲームです。
CPU戦ならではのスピード感と、容量の軽さで、サクサク快適にプレイできます。

ルール設定や操作において、やや機能の少なさを感じるものの、完全無料で遊べることを考えれば許容範囲だと言えるでしょう。
機能が少ない分、操作が単純明快なので、気軽に麻雀ゲームを楽しみたい人におすすめです。

麻雀1000!はスキマ時間に麻雀をプレイしたいライト層におすすめ

この記事では、麻雀1000!の特徴・使い方・評判を解説しました。

麻雀1000!は、対局中のサポート機能が充実していることで、初心者にも遊びやすい麻雀ゲームに仕上がっています。
制限時間もなく、タブさえ閉じなければ別の作業を挟んでも対局に復帰できるので、スキマ時間に遊ぶのにもぴったりです。

完全無料で遊べますので、興味を持った人はぜひ麻雀1000!をプレイしてみてください。